【VPS】Cloud At Cost を利用してみました

レビュー

この記事には一部重要なこともありますので最後まで読むようにしてください

この記事には管理人が実際に利用した体験談をもとに書いています。少しでも参考になれば幸いです。

 Cloud At Costの概要

一度料金を支払えば、なんと永久無料!!

Onetimeサーバ料金の他に、サーバメンテナンス代金として日本円にして1,000円ちょっと毎年請求されるようになりました。Onetimeなんて詐欺です。もう知りません(´・ω・`)
近いうちに、解約方法公開します。

というのが特徴のサービスとなっています。今回はこのCloud At Costのレビューをしていきたいと思います。
Cloudatcost

機能

VPSにインストールできるOS

CentOS 7
CentOS 6.7
CentOS 6.5
Ubuntu 14.04
Ubuntu13.10
Ubuntu12.10
Ubuntu12.04LTS
FreeBSD 10.1
Windows 7 (※)
Windows Server 2008 R2 (※)
Windows Server Standard 2012 R2 (※)
(※)別途サーバライセンス(プロダクトキー、CAL等)をマイクロソフトより購入する必要があります。

遅延(PING)

PING値は180~220くらいです。海外にデータセンターがありますので妥当な値でしょうか。

体感としては、ボイスチャットのサーバとして運用するとパケットロス(損失)がたまに発生したり、自分が喋った声がワンテンポ遅れて相手に届いたりと、FPSなどのリアルタイムなところでは使用しにくいかもしれません。

一時期、この情報局もCloudAtCostにて運用していましたがページ表示速度は3.5秒くらいです。ちょいと遅いですね。

 

安定性

これが管理人のCloudAtCost卒業の決定打となったものであります。

CloudAtCostは定期的に70%OFFセールなどを実施します。そのたびにサーバ(VPS)がダウンしサイトもダウン。最悪の場合はサーバを建て直すことになります。

もちろんNginxもしくはApacheで必死に設定したものも水の泡…管理人は4回目の初期化にて卒業を決心しました。Wordpressについてはバックアップしていて本当に良かったと思うほどです。

また、この安定性についてのクレームなどはTwitterなどでつぶやかれています。

 

 

このような感じで、実際に運用は難しいかもしれませんが、テスト環境なら…とおすすめしたいところですがそれもできません。

良い所

  • 一度お金を支払えば永久に使用できる(らしい)
  • リソースを丸ごと購入する形なのでサーバを複数台作成できる。(6コアで契約したなら、1台目4コアのサーバ、2台目2コアのサーバ等)

残念な所

  • Pingが高く実運用は厳しい
  • スペックは低くCPU 6コア契約でもWordpressが重い。マイクラのサーバ運用は出来ない。(巻き戻りが発生)
  • サーバが不安定で、セール付近になると落ちる。初期化する必要が出てくる。
  • そもそもサーバを作成できないことがある。(CloudAtCostデータセンターのIPアドレス不足)
  • 作成してもWEBコンソールにアクセスできず、サーバの運用はおろか設定さえできないことがある。
  • 全て英語となり、サポートも英語となる。

 

返金方法

購入後45日以内という条件がありますので注意してください。

1.こちらにアクセスして右上loginよりログインします。

2.ログイン後 Support▼ > Submit a request よりサポートチケットを送信します。

What can we assist you with?
>Canselation Requests

What package is this in reference to?
>契約したものを選択

Subject
>I want a refund.

Question
氏名:
Paypalのメールアドレス:
口座番号:
Paypalの取引番号:
購入金額($):
購入日:
請求書番号:
解約返金理由
を記入し送信

 

 

まとめ

CloudAtCostは一度払えば永久に使用可能という魅力的なものがありますが、やはりそれなりの理由があり、サービスの品質に問題があるというわけです。

管理人の場合はVPSサービスは月額でかかり、なおかつ負担が大きいのでこういった永久系はとても魅力的でした。しかし、利用できないのでは意味がありません。お金を払って失敗するほど悔しいことはありませんね。サイトを運営している1個人としてはダウンタイムがあってはならないわけです。そうなると移行せざる負えません。

現在は、個人所有サーバと日本のVPSサービスを兼ねて安定稼働&高速閲覧を可能にしています。(ページの読み込みが遅いと、閲覧者さんがほかのページに移動しますからね)

一番安いのは $7/onetimeですので 試せるかとは思いますがお勧めしません。

 

Posted by Takumi.F


PAGE TOP